楽になれる方法を考えることが大切

介護業界で働いてみると、想像していた以上に仕事内容がハードであることが分かるはずです。肉体的な疲労はもちろん、精神的にも消耗してしまい、慣れるまでかなり大変な状態になってしまいます。ただそういった場合でも日常生活は存在していて、独身・既婚に関わらず家事をしなければ暮らしが成り立たないと無理をしてしまう人は多いでしょう。

この時に子供がいる場合は無理も必要になってきますが、自分や夫婦だけなら手を抜いても構わないと考えるのも悪くはありません。生真面目な人ほど何もかも自分だけで行おうと無理をしてしまいますが、食事は自炊だけではなく外食やテイクアウト、宅配があります。掃除も少しくらい汚れていても問題は起こりませんし、洗濯に関しても衣類を増やして休日に行うなど工夫は可能です。

介護業界での仕事に限らず、働きながら家のことも完璧にこなすのは難しく、できれば良い程度に考える必要が出てくるでしょう。今は家事代行サービスも存在しているので必要に応じて利用するのもよく、手を抜くという考えを持つのも大切です。また夫婦なら分担して取り掛かるなど、働くからには自分が楽になれる環境を作ることがよく、ストレスを溜め込まずに仕事と家事を両立させる方法(詳しくは→家事も仕事も無理せず両立!)を身に付けることが大切です。

これまでの既存概念は必要なく、自分が楽になれるようにしていきましょう。そうすることで気持ちに余裕が生まれて、仕事と家事の両立が無理なく自然に行えるようになってくるはずです。

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし