これまでの経験を生かしてできる仕事選び

結婚すると専業主婦になる女性は多いですが、大学などを卒業してから社会人として働く経験すらせずに専業主婦になる人もいます。そして結婚して出産し、子育てを行ってそのまま人生を過ごす人もいますが、育児をひと通り終えると仕事をしたいと考えるようになることがあり、その際には介護業界がよく選ばれている傾向があります。

社会人として働いた経験がないのでキャリアを生かすことができず、自分の取り柄は何かと悩みになる傾向はあります。そして、長年家事に従事してきたことで身についたスキルに気づき、活用しようと考えるのが発端になっていることが多いでしょう。確かに介護現場では家事のスキルが役に立つ仕事があるので、仕事を始める際には働き始めやすくなります。

しかし、そのスキルを生かして同じ職場で同じ業務に携わってずっと働き続けていくのが良いとは限りません。最初に携わった業務が自分にとって適しているものだと感じればそれに越したことはないでしょう。現実的には現場で周囲を見ているうちに他に興味のある仕事が見つかって転職する人も多く、そのような時には退職を躊躇する必要はなありません。またやりたい業務を見つけるために職場に出ることも悪くはありません。

家事のスキルは専業主婦にとって優れている点であり、介護現場に踏み出すには十分な能力と考えられます。自分の可能性を探すために、まず社会に出るきっかけとして活用し最終的に生涯をかけて携わる業務内容を見つけ出せば良いのです。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし