家事の負担が大きくて働けないときの解決策

介護現場では残業も休日出勤もある状況が多く、しっかりと働きたいと思うと生活側にしわ寄せが来ることは否めません。勤務条件が緩和された待遇の求人も行われていますが、それを選ぶよりも介護の仕事に全力を注ぎたいという人もいます。しかし、生活へのしわ寄せによって家事が担えなくなってしまうのを嘆く人も多く、どうしたら良いかと悩んでしまいがちです。

思うように働けない原因が自宅で必要になる家事であって、介護の仕事を優先したいという気持ちがあるのなら、どうやって家事を減らすかを考えることが大切です。もし自分が全てを担っているのなら、家族に協力を求めるのが最も近道になります。パートナーに一部を負担してもらうだけでも時間に余裕が生まれるでしょう。子どもが既に育っているなら掃除や洗濯などの簡単なものなら任せることもできます。料理などをを一緒にやって、だんだんと任せてしまうことも可能です。

家族の協力を得るのに慣れてしまえば色々な場面で役に立ちます。まだこれから育児をするというときに、両親の協力を得れば仕事がいかに忙しくても育児と並行して行えるようになるでしょう。子供が病気になってしまったときに両親に任せることもできます。

自分で全てをやろうと考えてしまうと大変になってしまいがちですが、生活は家族全員で築き上げるものという認識を持って、協力を得るように心掛けるのが大切です。一緒に協力する家族になれば問題なく介護現場で働いていけます。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし